Coju Hemmi

 
 
■Personal

Born 1967 in Tokyo, Japan. Currently lives in Nemuro, Hokkaido, Japan.

■Solo Exhibition

“Isolated Landscapes” Daichi Mirai Shinkin Bank, Nemuro, Japan. 2019
“Quiet Delight” Emon Photo Gallery, Tokyo, Japan. 2012
“quiet delight : departure” Gallery Maison D'Art, Osaka, Japan. 2010

■Group Exhibition

“Photographic Art Asia” Gallery 5610, Tokyo, Japan. 2019
“Photographic Art Asia” Gallery 5610, Tokyo, Japan. 2018
“Art Photography Asia” Promo-arte gallery, Tokyo, Japan. 2016
“Art Photography Asia” Promo-arte gallery, Tokyo, Japan. 2015
“Art Photography Asia” Atelier Kasuga, Shizuoka, Japan. 2014
“De Paris” Gallery Maison D'Art, Osaka, Japan. 2012
“The Pencil of Light” Emon Photo Gallery, Tokyo, Japan. 2011
“Chic Art Fair” La Cité de la Mode et du Design, Paris, France. 2010
“Silent Monochrome” Emon Photo Gallery, Tokyo, Japan. 2010
“Tokyo Lifestyle Photo” Tokyo Big Sight, Tokyo, Japan. 2010
“Ma Chanson Favorite” E-ma, Osaka, Japan. 2010
“Pure Photography +Plus” Tanto Tempo, Kobe, Japan. 2009

■Award
 
2020 Prix de la Photographie Paris(PX3):Honorable Mention
2014 Prix de la Photographie Paris(PX3):Honorable Mention
 
■Media, Commercial Work
 
2021.01 AIRDO "rapora"
2020.07 The Hokkaido Shimbun Press
2020.06 .doto
2019.05 NF4 3rd CD "Third Party"
2013.12 Shutter Magazine
2012.12 Wisky World
2012.02 Origin Toshu Co.,Ltd.
2010.09 Heiwa Paper Co., Ltd.
 
■Artist Statement

The clouds and breeze, the shapes of people, float and flow by in ripples. The road disappears into the distance. What a connection lies between travel and life itself. Places, situations, even the lingering afterglow of that which is passed, beauty lies hidden there. A quiet delight.
These things fill me with an urge that I cannot describe.

My childhood was spent all over Japan due to my father’s work. That experience no doubt instilled upon me the notion of life as journey, and leads me even now to new, unknown places.

First came travel by bicycle. I was excited by the new terrain available to me over distances hitherto unreachable on foot. Even a trip to the next village nearby had the taste of adventure. And then boarding my first train the whole of Japan became a destination. The sights and scenes that filled these journeys eventually led me to the photograph.
Adulthood brought me to the automobile. I came to enjoy traveling by car in and of itself, and my destinations grew to overseas ones.

There is a Japanese saying “Treasure every encounter, for it will never recur”. Originating from the tea ceremony tradition, I believe it wonderfully captures the aesthetic sensibility and spirituality of the Japanese.
The reverence of nature, viewing the cherry blossoms, the ripples across a pond. The contemplation of transience, the impermanence of this world. Purity of mind. The samurai spirit. The compassion inherent in a Japanese heart...
My ancestors wrote poetry as they traveled. I take photos of my journeys, for the sake of that moment that will never come again.

 
 

Coju Hemmi(逸見 光寿 ヘンミ コージュ)

 
1967年東京生まれ。1990年代より、国内外を旅しながら作品制作に取り組む。
2015年、活動拠点である北海道へ移住。根室市在住。
 
■個  展
“Isolated Landscapes” 大地みらい信用金庫 根室 2019年
“Quiet Delight” エモン・フォト・ギャラリー 東京 2012年
“quiet delight : departure” ギャラリー・メゾン・ダール 大阪 2010年
 
■グループ展
“Photographic Art Asia” Gallery 5610  東京 2019年
“Photographic Art Asia” Gallery 5610  東京 2018年
“Art Photography Asia” Promo-arte gallery 東京 2016年
“Art Photography Asia” Promo-arte gallery 東京 2015年
“Art Photography Asia” アトリエ・カスガ 静岡 2014年
“De Paris” ギャラリー・メゾン・ダール 大阪 2012年
“The Pencil of Light” エモン・フォト・ギャラリー 東京 2011年
“Chic Art Fair” La Cité de la Mode et du Design パリ 2010年
“Silent Monochrome” エモン・フォト・ギャラリー 東京 2010年
“Tokyo Lifestyle Photo” 東京ビッグサイト 東京  2010年
“Ma Chanson Favorite” E-ma 大阪 2010年
“Pure Photography +Plus” タント・テンポ 神戸 2009年
 
■受 賞 歴
2020 Prix de la Photographie Paris(PX3):Honorable Mention
2014 Prix de la Photographie Paris(PX3):Honorable Mention
 
■メディア掲載、コマーシャル・ワーク等
2021.01 エア・ドゥ機内誌「rapora」
2020.07 北海道新聞「道東ズームアップ」
2020.06 ドット道東
2019.05 NF4 3rd CD「Third Party」
2013.12 シャッター・マガジン
2012.12 ウイスキー・ワールド
2012.02 オリジン東秀株式会社 ポスター
2010.09 平和紙業株式会社 カタログ
 
■アーティスト・ステートメント 
流れゆく雲や風、さざ波、あるいは人影。 そして、どこまでも続く道。
旅と人生との関わり。場の空気や、余韻の中に潜む美。静かな喜び。
私はこれらになんとも言いようのない衝動を覚える。

父の仕事の関係で、幼いころから全国各地で暮らした。その経験が「人生は旅」と考えるようにさせたのかもしれないし、私を知らない場所へといざなうのかもしれない。

はじまりは、自転車の旅。
徒歩とは比較にならない行動範囲にワクワクした。
さほど離れていない隣りの町に行くにも、ちょっとした冒険気分を味わった。
やがて鉄道に乗るようになると、旅の目的地は全国へ。
そして旅で出会う光景を写真に定着した。
大人になると、旅の主な移動手段は車となり「車の旅」自体が好きになった。そして旅の舞台は海外にも及んだ。

「一期一会」という言葉がある。これは「どの茶会も一生に一度のものと心得て、誠意を尽くせ」という茶道の心得に由来があるが、この言葉は日本人ならではの美意識や精神性を見事に言い得ていると思う。
自然を敬う心。桜の花びらを見て、池の波紋を見て、はかなさを、諸行無常を感じる心。潔さ。武士道精神。人を思いやる和の心・・・
先人は旅をしながら、歌に詠んだ。私は旅をしながら写真を撮る。二度と出会うことのない、その瞬間のために。